Ministries/Branding

Ministry/Blogs/Personal Branding:

Click on an image to open the gallery.  Site links and testimonials are included below.

Church communication consultation

Personal Branding:

Barbara Kohl Ministries, Halifax, Nova Scotia, Canada (website)

Matt Whitman, Halifax, Nova Scotia (website)

David Tonen took me from a relatively unknown, disorganized, social media and internet novice to a well connected, exceptionally branded and fantastically search engine optimized networking machine.” – Matt Whitman

Steph Robbins, Halifax, Nova Scotia, Canada (communications strategy, website)

“David not only listened but heard what I said and blessed me with a website that was beyond my expectations but NOT beyond my financial limits. God used David to provide a tool through which I can be more effective in impacting lives for Him…” – Steph Robbins

Personal Branding:

Jim Winsor, Kentville, Nova Scotia (branding, website)

Wildflower Photography, Moncton, New Brunswick, Canada (website, communications consultation)

Ministries:

Pathways to Freedom, Halifax, Nova Scotia (branding, communication strategy, website, print materials)

Hillside Youth Ministries, Moncton, New Brunswick, Canada (website, communication consult)

Manna House Charity, Milford, Nova Scotia (website)

なぜ日本の女性はルイヴィトンのバッグをそんなに崇拝していますか? ヨーロッパのブランド名の中で、ルイヴィトンiphoneケースのブランド価格は最高ですので、あなたがブランドのパッケージを購入したい場合、多くの人々の最初の選択は、ルイヴィトンのバッグを選択します。 第二の理由は、群れの心理が働いていることです。あなたの友人や同僚がブランド携帯ケースのバッグを買うときに、あなたが持っていなければ、あなたは誰とも、そしてみんなと両立できないように見えます また、このパッケージを購入するお金がないと感じます。 日本社会におけるルイ・ヴィトンの盛り上がりは、約5年間続きました。 なぜなら、物事が誰のためにも洪水になると、それは無益になるからです。 だから日本の通りが21世紀に入ると、ルイ・ヴィトンバッグが突然姿を消した。 あなたがまだルイヴィトンのバッグで買い物をしているなら、あなたは田舎者または外国人として扱われる可能性が高いです。 ルイ・ヴィトンは日本にいるので、それはヌーボーの富がある。